男性の前で魅力的な女性を演じるための工夫

男性の前で魅力的な女性を演じるための工夫

素敵な男性ともし出会ったら、少しでも自分
を良くみせたい、魅力を最大化させて好印象
を与えたいと思うかと思います。

 

とくに初対面の人の前では、どうしても自分を
演じてしまうというのも無理はありません。
男にモテる方法として一般に実施されている
ことです。

 

女性の中には男っぽい性格で、結構大きな
声で大笑いしたりするのに、対面になると、
上品ぶったりするというのはやはり自分を
演じることによる結果です。

 

例えば、食事をする場合にも自分を演じる
ということが計画的に実施されています。

 

実際にあるイケメン男性と、普通の男性と
一緒にケーキを食べるという実験をした結果、
イケメン男性と一緒の場合は、ケーキを食べる
スピードも遅く、しかも全部食べないという
結果が出たそうです。

 

どうやら男性の前ではガツガツ食べずに、
上品に食べるというほうが女性としては
魅力度がアップするという認識があるから
かと思います。

 

また家庭的な女性を演じるということも
よくあるケースです。

 

仕事がバリバリできて、男勝りという女性
は男性にドン引きされるリスクがあります
ので、できれば控えめで、男性の一歩後を
歩くという感じに家庭的な女性を演じるとい
うことを演じる女性も少なくないかとおもい
ます。

 

ちなみに控えめな女性を演じる例としては
リーダーシップを取らないということも
よくありがちなケースです。

 

学校では生徒会長であったり、仕事では
チームリーダーのようなトップの座に就か
ないように、意図的に行動するということ
もありうることです。

 

さらに男性は強くあるべし、女性は弱く
あるべしという言葉があるとおり、か弱い
部分をアピールしたいという一心で、行動
をするということもあります。

 

例えばお化け屋敷でわざと大きな声で悲鳴
をあげて弱い女を演じて男性に飛びつくと
いうことも多いのではないでしょうか?

 

実際に、男性もこのようなか弱い女性と
いうのに頼られたいという願望は少なからず
あるので、お互い利害が一致するわけです。

 

するとこれをきっかけに恋愛が一気に進展
してカップルになるということも良くある
ことです。

 

もし自分はなぜか男性にモテないという
悩みをもっているのであれば、計画的に
控えめでか弱い女性を演じてみるという
のは男にモテる方法の鉄則ですので実践
してみてください。