別れのきっかけというのは一体どのように訪れるか?

別れのきっかけというのは一体どのように訪れるか?

最愛の彼氏と恋愛関係になり、将来は結婚を
するかもしれないというラブラブカップルで
あったとしても、突然別れが到来するという
ことはよくある話です。

 

二人の関係になんらかの事情で亀裂が入り、
もはや修復できないのではないかと思える
状態になると、別れを検討しなければなら
ないという段階に入ります。

 

では一体どんなタイミングで別れという
のが到来するのでしょうか?

 

周りのカップルを見渡してみると、別れ
が到来したというケースにあるパターンが
あることが判明しました。

 

それは人生の節目といわれる時期です。

 

例えば就職、進学、転職、転勤などの
人生の大きなイベントの時期です。

 

やはり同じ空間で過ごしていたカップル
にとって、片方が環境が大きく変って
しまうと二人の関係に温度差が発生する
ので、これが同じ空間で過ごすことに違和感
を感じるということが原因です。

 

たしかに別れるという行為は非常にお互い
にとって精神的に疲れる行為ですし、
その後のトラブルを考えるとヘトヘトに
なってしまいます。

 

愛情が乏しくなっていたとしても、だらだら
と交際を継続することを考えるとメリット
というのが考えられなくなるのも無理は
ありません。

 

そんな時に、人生の節目が到来すると、
心の踏ん切りがつき、別れる絶好の機会で
あると捉えることができるようになります。

 

しかもこのタイミングで別れれば、
比較的スムーズに別れることができる
というメリットもあります。

 

ちなみに恋愛関係がそろそろ終結を
迎えるという兆しは誰が最も気づきやすい
のか考えたことはありますか?

 

もしかすると、交際をしている張本人
である男女がもっとも良くわかっている
のではないかと思えるかもしれません。

 

しかし恋は盲目という言葉があるとおり
相応しくない恋愛相手と交際している
場合は、それに本人はそれに気付かない
可能性があります。

 

ですのでもっとも別れを予感することが
できる人というのは身近な友人であったり
します。

 

やはり恋愛関係を客観的に判断できる
のは自分達ではなく他人の目という
ことになるのでしょう。

 

もし相応しくない相手と交際しているので
あれば別れるという選択肢は妥当である
と言えます。

 

はやく理想の男性を探すべきです。